活動レポート

2014/09/17 - 最新情報

「おはようございます」

僕の好きな朝の街頭演説の場所の一つに「百合が原10丁目交差点」があります。

ここは上篠路中学校と百合が原小学校の間にあって、午前8時頃になると多くの生徒・児童が交差点を行き交います。

_DSC2974

僕の朝の街頭演説の場合、午前6時半から7時半までは「おはようございます」とお声掛けをさせていただいております。

ここ百合が原の交差点では、ほとんどのの生徒・児童が「おはようございます」と挨拶を返してくれます。 
中には、立ち止まり一礼しながらキチンと挨拶してくれる方もいます。
時には交差点の向こう側から、斜向かいの先から大きな声で…(笑)

信号待ちの間にはいろいろと話し込むことさえあります。
何故かしら子供たちと話すときには目尻が下がっていることに気が付きます。

実に気持ちのよい時間です。
よほど学校で礼節を習慣付けられているのだなと感心しています。

確かに、同時間帯に何人かの先生方もお通りになりますが、とても感じのいい先生が多いと感じていたところでもありました。

街中の交差点では、ほかの大人たちの眼があるからなのか、挨拶を返してくれる子供たちは半分くらいでしょうか。 時には面白半分で構ってくる子供たちもいます(苦笑)

挨拶はすべての基本だと考えています。
「おはようございます」「ありがとうございます」「いただきます」…、例を挙げればキリがありません。
僕も3人の娘を育ててきましたが、他のことは満足に教えてやれませんでしたが、「挨拶」と「躾」だけは口煩くカミナリ親父だったと自負しているところです。

難しい年頃になったり、まして大人になって背負うものや背景が色々と出てきたりして簡単に他人とコミニケーションをとれなくなってしまっている自分が居ます。

ましてこの道を志すようになって尚更のこと、「挨拶」は万事八百万の始まりでもあります。 
事務所関係者からは「電柱を見ても頭を下げろ」と…(*^^*)

これからも出来るだけ多くの方々に、気持ちの良い「挨拶」から始めさせていただきたいと考えるようになっています。
同じ「おはようございます」でも、声質や相手との距離の取り方、時間帯などそれは様々であることを毎朝実感しているところでもあります。
街角のティッシュ配りと相通じるところがあるのかもしれませんね…^^;

「コワモテ」な私にとって(^^;これがマストな姿勢であることは言うまでもありません。

                      北の元気玉  道見やすのり拝

2014/09/14 - 最新情報

「北の元気玉」の所以

先日、メイン画像を撮り直しました。

最初の画像は、本当に時間のない中にも関わらず、多くの皆さんに協力して頂くことで生まれた一枚でありますので思い入れも多いのですが、この一枚で私自身を知っていただくこと、お伝えしたい政策のイメージとなり得るもの、そして何よりも道民の皆様に親しみを持って頂けることが大切なのです。

_DSC7467_FB

どちらかというと「コワモテ」である私には、実に真剣で、深刻な課題でもあることは避けられません(^_^;)

最初の画像へはさまざまなご意見をいただいておりましたが、私のキャッチコピーにもさせていただいている「北の元気玉」に相応しいものとなったと自負しております(苦笑)

0066

「北の元気玉」とは、私の政治理念の中に出てくる言葉の一つであり、言わば「開拓者精神」「屯田兵の心意気」そのものなのであります。

北海道開拓史以来140有余年。私たちの先達は、この大地に血と汗と涙を浸み込ませ「元気で明るく強い北海道」を夢見ながら、子どもだちに、子孫たちに、この北海道の未来のために踏ん張ってこられたのだと確信しています。

北海道や日本は基より、国際環境が目まぐるしく変化し続ける昨今、私たち北海道の「強み」を大いに活かし、焦点をあてて、まちの地域の「宝」を集約することで、次代へと北海道を強力に開墾するために、汗を流し、お支えし、きっかけを創って参りたいと考えています。

                   北の元気玉 道見やすのり拝

2014/09/9 - 最新情報

継続は宝(力)なり

朝の街頭演説を7月4日に始めて2ヶ月が経ちました。

最近、お忙しい朝のご出勤途中なのにも関わらず、わざわざ足を止めてお話をお聞きになられる市民の方が何人かいらっしゃいます。
先日は「農業問題だけ話している訳ではないんでしょ? 今度は他のお話も聞かせてね…(微笑み)」と…。

今朝はわざわざ車を停めて走り寄って来ていただき握手を求められた方がいらっしゃいました。
「朝早くからご苦労さん。いつも見てるよ。頑張れよ!」と…。

_DSC27361

身の引き締まる思いであることは勿論のこと、実は何気に聞き流されているようであっても、ちゃんとお聞きいただけている市民の方がいらっしゃるであろうことを実感できる「朝のハッピーな出来事」なのであります。

こんな日は、昼間にご支援を求めて街を歩く時にも足取りが軽くなり、玄関先のチャイムを鳴らさせていただく時の背中を後押ししていただける勇気へとつながっています。

日に日に皆様へお伝えしたい事柄も増えて参ります。
何度も繰り返しお話しするうちに、話の内容をすっきりと明快にお伝えすることができるようにもなってきています。
時に熱くなり過ぎてしまい、お話ししている内容が空回りしていることに気付くこともある訳なのですが…^^;

この活動は続けて参ります。明日も、1ヵ月後も、半年後も…。
1年後も、5年後も、そのまた後も…。

「継続は力なり」 先達たちは、実に明快に道を示して下さっていました。

                       北の元気玉 道見やすのり拝

2014/09/5 - 最新情報

ご報告です。

平成26年9月2日、自由民主党北海道支部連合会より、来年春に予定されております「北海道議会議員選挙における公認候補者(第二次)」として南区の丸岩浩二君(新人)と桧山振興局の内田尊之君(新人)と共に、無事に公認をしていただくことが出来ました。 改めてよろしくお願い申し上げます。

_DSC2930

とても身の引き締まる思いであります。

道政を目指す者として決して忘れてはならぬものは、何故この道を目指したいのかの想いであり、それが「北海道を強くしたい」「未来の北海道民の皆様に強い北海道を繋ぎたい」という想いに他なりません。

特に地方議員の資質が問われている昨今においては、議員になることが目的なのではなく、議員になって何を成し遂げるのかを道民の皆様に、札幌市北区の皆様に真摯にお訴えすることで、自らの想いをより具体的に、より精鋭化した実効性の高い政策へと繋げて参りたいと考えています。

この活動もいよいよ三ヶ月目へと突入しています。 残すところ219日。
まだまだ「北の元気玉」はヘコタレておりません\(^o^)/

                                    北の元気玉  道見やすのり拝

2014/09/1 - 後援会情報

今日から2人で…

2ヶ月間、独りで朝の街頭演説を行わさせていただいておりましたが、9/1より月曜日と週末は「2人」で活動させていただくこととなりました。

心強い限りであります。

今朝は他党の街頭演説と重なる場面もあり、大勢でやってこられた隊をみて、同志が居る心強さをさっそく実感した訳です(@^^)/~~~

これから朝の街頭演説も混み合ってくるものと思われ、先立って開始している当事務所にとっては、益々気が引き締まる思いであります。

どうか道民の皆さんに声が、想いが届きますようにしっかりと継続して参りたいと思います。

よろしくお願い致しますm(__)m

2014/09/1 - 最新情報

「悠々として急げ」

来年春への、道政への挑戦・準備を開始して、約2ヶ月が経ちました。

朝の街頭演説から始まって、昼の後援者廻り、各町内会のお祭りに参加させていだいたり、夜の戸別訪問 等々 とバタバタとさせていだいております。(;’∀’)

有難いことに彼方此方でお声掛け頂けているものですから、札幌市内を東奔西走させていただいております。

季節も少し進んだようで、「天高く馬肥ゆる秋」がもうそこまで来ているようです。

DSC_0285

朝に立っていても日差しは相変わらず強く肌を焦がすものの、朝晩の気持ちの良い風に随分と過ごしやすくなった気がしています。
ご通勤やご通学で歩かれている道民の皆さんも半袖の方が少なくなってきているような気もします。

2ヶ月経ったということは、残すところ7ヵ月となったことも意味します。

日々自問自答の繰り返しです。

「悠々として急げ」
この言葉は私の座右の銘にもさせていただいているところでありますが、1989年に58歳の若さでお亡くなりになられた開口健氏が遺された名言であります。
作家であり、コピーライターでもあり、稀有の釣り人でもあった開口氏は、まだ未熟である私自身に、彼の作品や言葉を通して多くの投げ掛けを、気付きをもたらして頂けたのです。 
他に「漂えど沈まず」等がありますが、釣りをこよなく愛する私にとっては、山中や河原でロッドを振りながら、釣りの合間に仲間と酒を酌み交わしながら、深夜未明に満天の星空の下で決意を新たにしたあの夜に、沸々と込み上げる想いを思い返すきっかけを創っていただいているのです。

決して慌てて粗雑になることなく、丁寧に悠々と思うところをお伝えし、道民の皆様の想いを、しっかりと受け止めて参りたいと決意新たにしているところです。

ご支援のほど、何卒よろしくお願い致します。

                      北の元気玉 道見やすのり拝

2014/08/17 - 最新情報

私たちの強み… 暦の上では「赤とんぼ」

今朝、太平の交差点に立っていると、赤とんぼのツガイが沢山飛んでいました。

数日前から見るには見ていましたが、こんなに沢山の赤とんぼは今シーズン初めてでした。

忙しなく活動を続ける毎日の中であっても、気づけば暦の上では「立秋」です。

一息つく為に入る木陰にそよぐ風が、日照りによって熱く灼ける肌を気持ちよく冷ましてくれます。

 

DSC_0225

 

今日はいつもと違う雰囲気で始まった朝の辻立ちでした。

午前六時半、いつもなら行き交う車両も疎らであるはずの石狩街道…。

今朝は、随分と土煙を浴びたキャンプ帰りのような、車内で何やら皆で楽しげに歌っている、

麦わら帽子や首にタオルを巻いた方々が乗ったの車両が、次から次へと南へ走り去ります。

その顔は満足げで実に楽しそうに見えました(笑)

 

「そうか、ライジング・サン・ロック・フェスティバル(以下、RSR)かっ!」

RSRは、1999年から回を重ねること16回目を迎える日本最大級の夏フェスです。

石狩湾新港樽川ふ頭野外特別ステージで、実に6万人弱が集まって2日間オールナイトで

開催されるお祭りです。

 

広大な北海道には、各地で開催されるお祭りが沢山あります。

1月からは、支笏湖氷とう祭り

2月には、さっぽろ雪まつり、旭川雪まつり、登別温泉湯まつり、

IWAMIZAWAドカ雪まつり、小樽雪あかりの路

5月には、しずない桜まつり

6月には、北海道神宮例祭(札幌まつり)、YOSAKOIソーラン祭り

7月には、おたる潮まつり、札幌ビアガーデン

8月からは、函館港まつり、釧路大漁どんぱく、RSRもその一つと言っても良いでしょう。

9月には、さっぽろオータムフェスト …etc  とても書ききれません。

この頃には各地で花火大会も催されますし、各地の農産品や水産品を全面に押し出す収穫祭

も催されています。

 

そうなんです。 北海道は、無類の「お祭りパラダイス」でもあるのです。

 

こうした各地域の誇りを「強み」とし、日本国内は基より東アジアを中心とした世界中の多くの方々にお越し

いただくことができれば、少なからずその地域は活性化し始めることでしょう。

地域の「強み」を活かす、いわば「闘える手段」を先鋭化していかなければ一歩先んじることは出来ません。

全国画一的な「まち」を国や行政に任せて造ろうとするから、自ずと限りが出てくるのではないでしょうか。

 

その点において、幸い私たちが暮らす北海道は、既に絶対的優位な地位を保っています。

多くの方々から「行ってみたい」「住んでみたい」と憧れを以て選んで頂くことのできる「宝の山」が

存在していることをもっと自覚しなければなりません。

 

私たちの仕事は、どう発信するかだけに留まるのではなく、如何にそれらへ参加(滞在)しやすく、

アプローチしやすく、また来てみたいと感じていただけるようにすることではないでしょうか?

 

北海道への海外からの観光客数は百万人を超えて、二百万人を目指す計画となっています。

それ(強み)を更に伸ばしていくことは、必ず北海道の経済を波及効果的に引き上げていってくれるに違いありません。

 

北海道というポテンシャルを以てすれば、三百万人、五百万人の海外からの観光客やビジネス客の皆様にお越し

いただくことは、そう遠い未来の出来事ではないのだと確信しています。

 

少子高齢化などで議論される「人口」を増やすことは、天下国家を語る際には絶対に欠かせぬ論点であります。

現実として国民的議論が沸き起こり、日本国や各地方自治体で女性の社会参加を促しつつも、ライフワークバラ

ンスのとれる子育て環境の充実策などが打ち出されています。

しかし、僅か16年先の2030年には百万人も減ってしまう(17%減)予想が立つ中にあっては、即効性を求

められる方策が求められているのだと考えています。

 

私たちはしっかりと自覚しなければなりません。

もはや他人任せ(行政のみ)で、まちを維持することが出来なくなっていることを…。

 

「弱み」を埋めていくことは大切です。

しかし「強み」を伸ばすことが出来るからこそ、初めて「弱み」を埋めることが可能になることを知らねばなりません。

 

 

一定のルールは遵守しつつも、私たちの「強み」を活かす「まちづくり」こそが、未来の北海道を優位に遺す唯一の方法なのだと。

 

 

北の元気玉 道見やすのり拝

 

 

2014/08/16 - 後援会情報

道見やすのり後援会へのご入会のお願いですm(__)m

 

道見やすのり後援会のリーフレット(討議資料)の配布が始まっています。

DSC_0224

一昨日辺りからは、道見しげのぶ道議のミニ新聞「自由民主」と一緒に配布されています。

北区全域の皆様にお読みいただきたいと考えています。

道見しげのぶ道議のご勇退にあたり、道見しげのぶ後援会の皆様から託された熱き想いを実現のものとすべく、

どうして道見やすのりが決意するに至ったかの想いをまとめてあります。

 

「北海道に元気を取り戻したい!」 「北海道を強くしたい!」

 

なにせ北区は、札幌市の中でも人口が一番多く(28万人超、13万世帯超)お住まいになっている区なのです。

(広さは南区、西区に次いで三番目)

 

お手元に届くまでにはお時間が掛かるものと思われます。

 

ホームページでもその内容を確認いただくとこが可能ですし、入会申込書はホームページのトップ画面左の

バナーからPDFでダウンロードしていただくことも可能です。

 

是非ご一読いただきご入会いただけますようにお願い致します。

 

2014/08/13 - 最新情報

僕の相棒、2号、3号、そして4号

先日のUPに引き続き2号と3号の紹介です。

DSC_0249

「北海る」の2号は、道見しげのぶ道議からの継承です。

これは既に皆様にもお馴染みのノボリであるようなので、「しげのぶさんは元気かい?」とお声掛けいただくことが多いです。

 

「北の元気玉」の3号は僕のキャッチフレーズでもあり、「取り柄」というか「強み」というか…、北海道を元気にしていきたいという「強い志」を全面に押し出したものでもあります。

 

朝に独りで立っていると色々とお声掛けをいただきますが、「君のこと、知ってるよ、元気玉だろ!」と叱咤激励いただけることが何よりも嬉しいことでもあります。

 

そして最後に4号です。

DSC_0250

このように交差点で立つことが多いものですから、欠かせぬ相棒であります。
朝早くから立っていますので、彼の活躍の時間帯は午前七時半~午前八時半の間に限られますが、ボリュームを絞りながら皆様に朝のご挨拶を届けさせていただいております。

 

もし皆さんのご通勤・ご通学・ご通行中に僕を見掛けられた際には、クラクション一つでも鳴らしていただければ、勇気百倍なんです。

 

よろしくお願いいたします。

 

北の元気玉 道見やすのり拝

2014/08/11 - 最新情報

薫風渡る新川の~♪

去る8月9日に「札幌新川高校剣道部OB会 第一回総会 兼 大崎忠雄先生道剣連御退任慰労会」が開催されました。

総会終了後の慰労会開催に先立ち、前顧問の大崎先生(打太刀)と現顧問の櫛田先生(仕太刀)による「日本剣道形」の披露がありました。

DSC_0230

久々に正装の剣道形を見せていただきましたが、気が引き締まる想いでありました。

これまで緩く繋がってき剣道部のOB会をきちんと組織立てして、その目的を明確にして益々の発展を図ることが目的です。

そんな札幌新川高校剣道部OB・OGも総勢276名を数える程にまでなっていたとはビックリです\(◎o◎)/  若い連中はうちの娘位の歳なんです。なんだか複雑です^^;

僕は昭和60年に第四期生として卒業しています。
それから早や29年…、姿形も随分変わるはずです(;´∀`)

最後に参加者全員で記念撮影です。

DSC_0245

Do!はどこでしょう?(笑)

最後に全員で校歌斉唱です。卒業以来初めて歌った気がします。「薫風渡る新川の~♪」

決して上手に歌えた訳ではありませんが…、少しウルッ(ToT)/~~~ときました。

校歌ってイイものですね。

 

北の元気玉 道見やすのり拝

 

 

 

2014/08/10 - 最新情報

僕の相棒1号です。

僕の朝の辻立ち(演説活動)の強い味方です。

DSC_0227

まだまだこれが無いと僕だと判っていただけません^^;

この他に道見しげのぶ道議時代からお馴染みの「北海る」と

僕のキャッチフレーズでもある「北の元気玉」もありますよ(笑)

これらも近いうちにUPさせていただきます。

これらの「ノボリ」をご覧になったら、是非お声を掛けてくださいね。

よろしくお願いいたします。

北の元気玉 道見やすのり拝

2014/08/9 - 最新情報

皆様に「元気」と「勇気」を頂いております(≧▽≦)

7月4日から始めさせていただいた朝の辻立ち〈演説活動〉も一ヶ月が経過し、少しずつではありますがお伝えしたい内容にも自信を持ってお話しできるようになってきています。

 

麻生五差路交差点、太平1条高架橋下、太平7条5丁目交差点、百合が原10丁目交差点、新琴似7条6丁目交差点、ニトリ麻生店さん前交差点で順次毎朝実施させていただいております。

 

まだ独り寂しく立たせて頂いておりますが、多くの皆様からお声掛けをいただくことができて「元気」と「勇気」は100倍なのです!! 本当にありがとうございます。

ご通勤、ご通学、ご通行中の皆様お一人お一人からご意見頂戴したいところではありますが、朝のお忙しい最中でもありますので、このホームページや問い合わせメールから叱咤激励をいただければ幸いでございます。何卒よろしくお願い致します。

「北の元気玉」道見やすのり拝

 

 

2014/08/1 - 後援会情報

ホームページを公開いたしました。

ホームページを公開いたしました。

2014/08/1 - 最新情報

ホームページを公開いたしました。

ホームページを公開いたしました。